内定者座談会

入社の決め手を教えてください。

生物系学科の微生物に関わるゼミに所属していた私にとって、知識を活かせるバイオ技術の世界は非常に魅力的でした。入社の決め手はスーパーH菌の開発に成功し、バイオ排水処理システムを確立させた高い技術力をもっていること。また自分の仕事が環境問題へ寄与できることも大きなやりがいになると思いました。

私もコンドーFRP工業の唯一無二の高い技術力が入社の決め手になりました。バイオ排水処理システムに加えて、もう一つの空調機用トラップ事業でもトップシェアの実績があり、国内だけではなく海外からの依頼も増えていることに大きな将来性を感じました。技術力に会社の規模や知名度は関係ないことを知り、むしろ技術力の高い中小企業で活躍するほうが成長でき、大きなやりがいがあると思いました。

入社の決め手と言えばもう一つあります。面接で社長や社員の方と接する中で、自分の人柄や長所を引き出してくれようとする姿勢に好感が持て、純粋にこの人のもとで働きたいと思いました。また社長の「社員あっての会社である」という言葉に、本当に人を大切にされていることを肌で感じることができました。

同感です。就職活動する中で、どのような人たちと一緒に働くことになるかは私にとってとても重要なことでした。当社には新入社員の私にも積極的に声をかけてくれたり、意見を聞いてくれる社長や穏やかで素敵な先輩がたくさんいます。また、福利厚生も手厚く充実しているので、この先長く働いていける環境にも満足できました。

これからの目標を教えてください。

私は研究職としてバイオ排水処理システムの性能向上はもちろん、将来的にはこのバイオ技術をもう一つの事業である空調機用トラップに応用し、新しい価値創造を目指していきたいと考えています。また学会発表等で技術・研究成果の発信も積極的に行っていきたいです。この会社にしかない技術ノウハウを継承し、新しい技術開発へチャレンジしたいです。

幹部候補として採用された期待に応えることです。就職活動中に多くの会社を見てきましたが、新卒で幹部候補として採用すると明言している会社は当社だけでした。何十年も新卒採用をしていたり、募集人数の多い会社であれば、おそらく幹部になる可能性は低いと思いますが、2020年から新卒採用を開始し、募集人数が若干名の当社は多くのチャンスがあります。どうせなら裁量を持って仕事したり、会社の中核として活躍したいと考えています。

最後に就活生へメッセージをお願いします!

最初は通過しないエントリーシートの連続で心が折れそうでしたが、トライアンドエラーを繰り返す中で多くの気づきや成長があったように思います。自分に取り柄なんてあるのかと思っていた私ですが、今までの自分を丁寧に振り返ってみると、意外と自分も捨てたものではないと思えるエピソードがいくつか出てくるものです。「これが私の歩んできた人生!私はこういった人間です!」と素直に伝えることが大切なことだと悟りました(笑)等身大の自分を出して、評価してくれる会社に行くことが良い就職活動ではないでしょうか。

将来、どんな企業で働きたいか明確に決まらないまま就職活動をする方もいらっしゃると思います。かく言う私もその一人でしたが、お勧めは就活軸を持つことです。入社の決め手にもなりましたが私の軸は「高い技術力」と「一緒に働く人」でした。ぜひみなさんにも当社の高い技術力を知って欲しいです。自分が大切にしたい企業選びのポイントがわかったら、必ず自分に合った企業が見つかると信じて頑張って下さい。